ブログ/お知らせ

塾対象説明会レポート:常総学院中学校

2017-10-17

カテゴリー:塾対象説明会レポート2017,

 常総学院中学校は、茨城県土浦市にある男女共学の中高一貫校です。JR常磐線荒川沖駅または、つくばエクスプレスのつくば駅からともに、スクールバスで約15分のところにあります。
 常総学院中学校はメディカルコース(医学系)とリベラルアーツコース(文理系)の2コース制になっていましたが、平成30年度よりコース制からフィールド制へ変わります。グローバルリーダーの育成を加速させるために、医学探究フィールド・科学探究フィールド・人文探究フィールドの3つに分けて、より効果的に探究活動ができるようになります

 医学探究フィールド
・医療を取り巻くさまざまな事象から、疑問を見つけ、課題を設定し、情報を集め、整理分析し、まとめたものをプレゼンします。
 科学探究フィールド
・自然界を取り巻くさまざまな事象から、疑問を見つけ、課題を設定し、情報を集め、整理分析し、まとめたものをプレゼンします。
 人文探究フィールド
・人間や社会を取り巻くさまざまな事象から、疑問を見つけ、課題を設定し、情報を集め、整理分析し、まとめたものをプレゼンします。

 常総学院中学校では、論理的思考力とプレゼン能力の育成として、「1分間スピーチ」「クラスディスカッション」に取り組んでいます。

①「1分間スピーチ」
 興味・関心のあるニュースや話題からテーマを決め、1分間でプレゼンテーションをします。この取り組みにより「世の中で話題になっていることは何?」「自分の好きなことについて調べてみよう!」と普段から考えて準備するようになり、進路を決めるきっかけにもなっています。また、はじめはうまく話せない生徒たちもクラスのみんなの前で発表を重ねていくことで徐々に話せるようになり、自然と「どう話せばみんなに伝わる?!」と意識することで、簡潔にまとまった発表ができるようになっていきます。
 なお、月1回実施される全校集会では、クラスの代表が全校生徒に向けて発表します。
 テーマ例は、「アメリカ大統領初広島訪問について」「レジ袋税を導入すべきか」「ピクトグラムの変更〜外国人観光客にわかりやすく」など。

②「クラスディスカッション」(年3回実施)
 世間で起きた事件事故・問題となっている事柄の中から事前にテーマを決め、調べながら自分の意見を準備します。テーマとなるものは賛否がなかなか決めにくいもので、調べていくうちに「自分はどう思う?」が自然と浮かんできます。そして、「自分の考えの根拠となるものは?!」「どう説明すればみんなに理解してもらえる?!」と考えた上で、クラス全員での討論会に臨みます。論理的に自己主張する能力を養えることはもちろん、自分とは異なる意見に耳を傾けて聞き入れる姿勢を学ぶことで、多角的に物事を捉えることができるようになっていきます。
 なお、テーマによってはクラスの枠を超えて学年全体に拡大した討論会を行うこともあります。
 テーマ例は、「ロボット社会は来るか来ないか」「オリンピックに費用をたくさん費やすべきかどうか」「難民を日本に入国させるべきかどうか」など。

平成30年度中学入試の変更点が3点あります。
①適性検査型入試で県西会場を設置、募集定員が20名から30名に変更になります。
②第1回入試の募集定員が60名から50名に変更になります。
③第2回入試で2科目型を選択することが可能になります。

 平成29年度大学入試の結果は、東京大1名、東北大1名、東京医科歯科大1名、東京外国語大2名、東京学芸大1名、筑波大13名、茨城大31名など、国公立大105名合格、筑波大、福島県立医科大の国立大医学部2名を含む、医学部医学科4名合格、私立大は、早稲田大8名、慶應義塾大2名、上智大1名、東京理科大17名などでした。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の常総学院中学校の累計合格実績は98%(149名受験146名合格)です。


説明会会場の柏の葉カンファレンスセンターです。


平成29年度中学入試結果
推薦・専願(12/4)
・志願者数
ADクラス32名、STクラス24名
・受験者数
ADクラス32名、STクラス24名
・合格者数
ADクラス13名、STクラス42名

適性検査型(12/11)
・志願者数
ADクラス94名、STクラス55名
・受験者数
ADクラス93名、STクラス55名
・合格者数
ADクラス61名、STクラス73名

第1回(1/7)
・志願者数
ADクラス165名、STクラス77名
・受験者数
ADクラス160名、STクラス75名
・合格者数
ADクラス139名、STクラス72名

第2回(1/28)
・志願者数
ADクラス22名、STクラス9名
・受験者数
ADクラス22名、STクラス8名
・合格者数
ADクラス7名、STクラス18名

・合格者最低点(推薦・専願2科、適性検査型200点満点、一般第1回、第2回4科300点満点)
推薦 80点、専願 82点
適性検査型 65点
第1回 149点
第2回 150点
・特待合格点
推薦・専願 170点、適性検査型 138点、第1回 225点、第2回 240点
・ADクラス合格点
推薦・専願 140点、適性検査型 115点、第1回 174点、第2回 210点



説明会会場です。


 最後にオープンスクールや入試説明会などの詳細は、 こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!

塾対象説明会レポート:土浦日本大学中等教育学校

2017-10-11

カテゴリー:塾対象説明会レポート2017,

 土浦日本大学中等教育学校は、茨城県土浦市にある男女共学の完全中高一貫校です。同じ敷地内にある土浦日本大学高等学校とは、別の学校ですが、共同で使われている施設もあります
 常磐線土浦やつくばエクスプレスのつくば駅など8方面15路線を運行するスクールバスが運行されています。



土浦日本大学中等教育学校の正門です。


 土浦日本大学中等教育学校では、世界の様々な国がから集まった8名の外国人教師と経験豊かな12名の日本人英語教師、計20名が英語教育にあたっています。英語科と同時にオーラルコミュニケーション科があります。オーラルコミュニケーションの授業では、必ず少人数で行っています。
 また、海外研修として6年間に2回のイギリス研修が計画されています。中2のときは、4週間イギリスのボーディングスクール(寄宿学校)の施設を借りて、中2全員と教員が寝食を共にして研修を行います。高1は、フィッツウィリアムカレッジというケンブリッジ大学を構成するカレッジの1つを借りて、その学生寮と大学の教室を借りて、約2週間の研修を行います。

 平成30年度中学入試は変更点が4点あります。
①「英語運用力入試」の新設
 11月の土曜日の午後に3回実施。試験科目は、「英語コミュニケーション」
②会場の変更
 一般入試第1回の取手会場が「ウェルネスプラザ」に変更
 新学力型入試の会場が「本校会場(土浦日本大学中等教育学校)」に変更
③セット受験の組み合わせ変更
 「千葉SAT」と「第1回一般入試」のセット受験が可能
 「茨城SAT」と「第2回一般入試」のセット受験が可能
 「第1回一般入試」と「第2回一般入試」のセット受験が可能
 セット受験…1回分の受験料で2つの試験を受験できる
④特待判定試験の仕組みの変更
 本校への入学を決めた受験生とそれまでに合格を勝ち取った受験生は、「第1回一般入試」と「第2回一般入試」特待判定試験として受験することが可能です。Ⅰ種特待またはⅡ種特待の資格を取得できます。

 平成29年度大学入試での合格者数は、国公立大学は、合計で8名、私立大は、早稲田大4名、慶應義塾大3名、上智大1名、東京理科大7名、明治大6名、青山学院大3名、立教大7名、中央大2名、法政大8名などとなっています。また、日本大学の合格者数は、合計で124名となっています。



校舎から見えるテニスコートとグラウンドです。


平成29年度中学入試結果
千葉SAT入試 12/3
・志願者数
男子96名、女子79名、合計175名
・受験者数
男子94名、女子79名、合計173名
・合格者数
男子68名、女子50名、合計118名
推薦入試 12/10
・志願者数
男子25名、女子28名、合計53名
・受験者数
男子25名、女子27名、合計52名
・合格者数
男子23名、女子27名、合計50名
茨城SAT入試 12/17
・志願者数
男子121名、女子148名、合計269名
・受験者数
男子120名、女子144名、合計264名
・合格者数
男子90名、女子110名、合計200名
一般入試第1回 1/6
・志願者数
男子155名、女子136名、合計291名
・受験者数
男子105名、女子74名、合計179名
・合格者数
男子66名、女子40名、合計106名
一般入試第2回 1/26
・志願者数
男子123名、女子118名、合計241名
・受験者数
男子33名、女子29名、合計62名
・合格者数
男子11名、女子8名、合計19名
新学力型入試 2/5
・志願者数
男子2名、女子1名、合計3名
・受験者数
男子2名、女子1名、合計3名
・合格者数
男子2名、女子1名、合計3名

・合格点最低点
千葉SAT入試 80点/200点満点
推薦入試 非公表
茨城SAT入試 78点/200点満点
一般入試第1回 150点/300点満点
一般入試第2回 155点/300点満点
新学力型入試 非公表

・受験者平均点
千葉SAT入試(SATⅠ100点、SATⅡ100点、200点満点)
 SATⅠ50.3点、SATⅡ41.3点、合計91.6点
推薦入試 非公表
茨城SAT入試(SATⅠ100点、SATⅡ100点、200点満点)
 SATⅠ33.7点、SATⅡ61.0点、合計94.7点
一般入試第1回(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点、300点満点)
 国語57.4点、算数58.9点、
 理科23.2点、社会30.2点、合計169.7点
一般入試第2回(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点、300点満点)
 国語60.8点、算数43.1点、
 理科26.0点、社会24.2点、合計154.1点
新学力型入試 非公表

・合格者平均点
千葉SAT入試(SATⅠ100点、SATⅡ100点、200点満点)
 SATⅠ56.2点、SATⅡ46.4点、合計102.6点
推薦入試 非公表
茨城SAT入試(SATⅠ100点、SATⅡ100点、200点満点)
 SATⅠ38.2点、SATⅡ66.4点、合計104.6点
一般入試第1回(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点、300点満点)
 国語61.4点、算数66.1点、
 理科25.6点、社会34.0点、合計187.1点
一般入試第2回(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点、300点満点)
 国語72.4点、算数53.0点、
 理科29.8点、社会27.7点、合計182.1点
新学力型入試 非公表


平成30年度中学入試について
・英語運用力入試(若干名募集)を新設
 11/11、11/18、11/25のうち1回のみ受験可能
 英語コミュニケーション(リスニング主体の問題+面接 計45分)
・千葉SAT入試 12/2 10名募集
 SATⅠ型、SATⅡ型(各45分、各100点満点)
 SATⅠ型(国語・社会総合型)、SATⅡ型(算数・理科総合型)
・推薦入試 12/9 50名募集
 総合学力試験(45分、100点満点)、本人面接(グループ)
・茨城SAT入試 12/16 20名募集
 SATⅠ型、SATⅡ型(各45分、各100点満点)、グループ面接
・一般入試第1回 1/6 30名募集
 国語、算数(各45分、各100点満点)、理科、社会(各30分、各50点満点)
・一般入試第2回 1/25 ※10名募集
 国語、算数(各45分、各100点満点)、理科、社会(各30分、各50点満点)
・帰国生・国際生入試 1/25 ※10名募集
 A方式 英語(45分、100点満点)、本人面接(個人)保護者面接(個人)
 B方式 国語、算数(各45分、各100点満点)、本人面接(個人)
※一般入試第2回と帰国生・国際生入試で合わせて10名募集
・新学力型入試 2/4 若干名
 英語コミュニケーション(リスニング主体の問題+英語面接 計45分)または、算数リテラシー(算数+面接 計45分)



こちらが同じ敷地内にある土浦日本大学高等学校の校舎です。


平成29年度大学入試結果(合格者数)
国公立大8名(H28年度12名)
 筑波大2名、茨城大1名、北海道大1名、北見工業大1名、秋田大1名、防衛大2名
私立大
 早稲田大4名、慶應義塾大3名、上智大1名、東京理科大7名
 明治大6名、青山学院大3名、立教大7名、中央大2名、法政大8名 等
・海外の大学 2名
・日本大124名
 法学部8名、文理学部18名、経済学部4名、商学部4名、芸術学部1名、国際関係学部3名、危機管理学部2名、理工学部30名、生産工学部14名、工学部21名、医学部2名、歯学部2名、松戸歯学部2名、生物資源科学部10名 他
卒業生数111名

 最後に学校説明会などの詳細は、こちら へアクセスしてみてください。 

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いします!!

塾対象説明会レポート:豊島岡女子学園中学校

2017-10-03

カテゴリー:塾対象説明会レポート2017,

 豊島岡女子学園中学校・高等学校は、豊島区東池袋にある女子の中高一貫校です豊島岡女子学園は、1892年に旧加賀藩士夫人の河村常先生ら4人の女性による女子裁縫専門学校の開校に始まります。読み・書き・算盤のほか礼儀作法を教え、教育方針は日本古来の伝統的な倫理道徳を規範としていました。現在も、「道義実践・勤勉努力・一能専念」という教育方針を掲げ、道義すなわち人として踏み行なうべき正しい道、優しさと思いやりの心を教えています。また特色ある教育として、毎朝授業前五分間の運針、そして躾教育として和室・洋室での礼法があります。


豊島岡女子学園の正門です。


 豊島岡女子学園では、さまざまな取り組みを行っていますが、英語(使える英語)に関する取り組みとして、「英語弁論大会」、「GTEC CBT」、「TOEFL講座」、「模擬国連」、「英字新聞プロジェクト」、「海外研修」、「短期留学などを行っています。「英字新聞プロジェクト」は、ジャパンタイムズと連携し、豊島岡の魅力を生徒目線で記事にしました。「海外研修(中学3年〜高校2年)」は、夏休みに2週間、イギリス、カナダ、ニュージーランドの現地の家庭にホームステイをします。「短期留学(高校1年・2年)」として、ニュージーランドに3ヶ月の留学に行きます。
 また、今年度より新たに「エンパワーメントプログラム」が実施されました。高1・2の希望者約100名を対象に、8月の下旬の5日間で行うプログラムで、英語で様々なディスカッションやプロジェクトに取り組みます。生徒5〜6人に対し、1人グループリーダー(米国トップの大学の学部生や東京大学等の都内大学院在学の留学生など)を配置し、リーダーと英語で語り合い、彼らの学ぶ動機や世界観に触れることができます。

 また、答えのない問いへの取り組みを行っています。「企業インターン」、「ものづくりプロジェクト」、「Academic Day」などを行っています。
 「企業インターン」は、中学2年生全員が参加。複数の企業から一社を選択し、与えられるミッションにグループで取り組みます。
 「ものづくりプロジェクト」は、平成27年は、HONDAと連携し、クリップモーターカーの作成を行い、平成28年は、東京電機大学と連携し、重量上げコンテストを行いました。平成29年も東京電機大学と連携し、リニアモーターカーの作成を行います。
 今年3年目となる「Academic Day」のコンセプトは、アカデミックなことに挑戦する生徒の祭典です。今年度は平成30年1月27日(土)に行われますが、30以上の課題から自分で取り組んでみたい課題を選んで挑戦する形式で行われます。最終的にはプレゼンテーションやポスター発表、作品提出などさまざまですが、それらを発表します。中学1年から高校3年までのべで500名を超える生徒の申し込みがありました。

 平成29年度中学入試は、平成28年度入試と比べると、全ての入試で、志願者数、受験者数とも若干の減少となりました。平均点をみてみると、受験者平均点は4教科とも約5〜6割、合格者平均点は算数以外が約7割となっていますが、算数は約8割となっています。算数で高得点を取らないと合格は難しいようです。

 平成30年度中学入試は、すべてWEB出願となります。その他は、平成29年度入試と大きな変更点はありません。

 平成29年度大学入試での合格者数は、国公立大は、合計で137名(101名)私立大は、早稲田大118名(96名)、慶應義塾大88名(67名)、上智大60名(55名)、東京理科大104名(84名)、などとなっています。学部系統別にみると、理学・工学系統が最も多く、次が今年度は人文科学系統となり、以下医学系統、経済・経営・商学系統となっています。医学系統では、132名の合格者を出しています。医学系統の合格者数としては、6年連続で3けたを超える結果となりました。
 尚、高入生のみの結果は以下のようになりました。国公立大は、京都大2名(1名)、東京医科歯科大1名(1名)、東京外大1名(1名)、お茶の水女子大1名(1名)、北海道大1名(1名)、名古屋大1名(1名)など合計25名(17名)私立大は、早稲田大10名(6名)、慶應義塾大10名(7名)、上智大13名(13名)、東京理科大11名(4名)などとなっています。
※ ( )内は現役

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の豊島岡女子学園中学校の累計合格実績は44%(9名受験4名合格)です。


平成29年度中学入試結果
・志願者数
1回 2/2 1062名(H28年度 1110名、H27年度 828名)
2回 2/3  932名(H28年度  977名、H27年度 987名)
3回 2/4  812名(H28年度  835名、H27年度 797名)

・受験者数
1回 2/2  999名(H28年度 1009名、H27年度 730名)
2回 2/3  495名(H28年度  519名、H27年度 657名)
3回 2/4  486名(H28年度  504名、H27年度 508名)

・合格者数
1回 2/2 397名(H28年度 403名、H27年度 243名)
2回 2/3  59名(H28年度  58名、H27年度 115名)
3回 2/4  58名(H28年度  49名、H27年度  68名)

・繰上げ候補者数 
1回 2/2 24名(H28年度 27名、H27年度 23名)
2回 2/3  5名(H28年度  7名、H27年度 16名)
3回 2/4  8名(H28年度 11名、H27年度 15名)

・繰上げ合格者数
1回 2/2  9名(H28年度 11名、H27年度  9名)
2回 2/3  3名(H28年度  3名、H27年度  5名)
3回 2/4  7名(H28年度  7名、H27年度  9名)

・入学者数
1回 2/2 166名(H28年度 188名、H27年度 161名) 
2回 2/3  43名(H28年度  42名、H27年度  53名) 
3回 2/4  52名(H28年度  37名、H27年度  56名)

・合格者最低点
1回 187点 2回 221点 3回 202点 

・受験者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点、300点満点)
1回 国語56.2点、算数64.6点、社会30.0点、理科24.7点
4科合計175.4点
2回 国語70.1点、算数64.5点、社会29.6点、理科26.7点
4科合計190.9点
3回 国語56.9点、算数55.6点、社会29.4点、理科28.0点
4科合計170.0点

・合格者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点、300点満点)
1回 国語65.0点、算数75.9点、社会34.1点、理科30.2点
4科合計205.2点
2回 国語81.4点、算数84.8点、社会33.3点、理科31.9点
4科合計231.3点
3回 国語67.8点、算数75.1点、社会35.0点、理科36.5点
4科合計214.5点

・1回入試の併願校
受験者 桜蔭中 31%(H28年度32%)、女子学院中 20%(H28年度19%)
合格者 桜蔭中 50%(H28年度53%)、女子学院中 23%(H28年度20%)


平成30年度中学入試について
1回 2/2 160名募集(帰国含)4科目
2回 2/3  40名募集(帰国含)4科目
3回 2/4  40名募集(帰国含)4科目 
・繰上げ合格について
合格発表と同時に繰上げ合格候補者を発表(順位なし)
通知受取りの際、第一希望であれば申し出る
第一希望で、複数回実受験者を優先的に繰上げる
H29年度
繰上げ合格候補者 37名(H28年度45名)
繰上げ合格者   19名(H28年度21名)

H29年度1回
繰上げ合格候補者 24名(H28年度27名)
2回で合格     5名(H28年度 7名)
3回で合格     3名(H28年度 2名)
不要        7名(H28年度 7名)
繰上げ合格者    9名(残り全員繰上げ合格)



会場の講堂です。


平成29年度大学入試結果(合格者数)
・国公立大137名(101名)
 東京大21名(16名)、京都大9名(4名)、一橋大3名(2名)、東工大11名(10名)、東京医科歯科大7名(6名)、東京外大3名(3名)、お茶の水女子大5名(5名)、東京農工大6名(3名)、筑波大7名(2名)、千葉大7名(6名)、横浜国立大5名(5名)、北海道大3名(2名)、東北大2名(1名)、大阪大2名(2名) 等 
( )内は現役
・私立大
 早稲田大118名(96名)、慶應義塾大88名(67名)、上智大60名(55名)、東京理科大104名(84名)、明治大72名(57名)、青山学院大16名(14名)、立教大49名(39名)、中央大21名(19名)、法政大28名(20名)、学習院大7名(6名) 等 ( )内は現役
・卒業生数335名


 最後に、学校説明会などの詳細は、 こちら へアクセスしてみてください。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いします!!

塾対象説明会レポート:春日部共栄中学校

2017-09-22

カテゴリー:塾対象説明会レポート2017,

 春日部共栄中学校は、埼玉県春日部市にある男女共学の中高一貫校で、中学校を開校してから15年目になります。中学校の校舎は、春日部高校のOBが設計した建物で、他の学校とはかなり違ったデザインです。今回の説明会も、春日部駅前の「ふれあいキューブ」で行われました。



ふれあいキューブです。


 至誠館(新体育館)が今年の春に完成しました。400名以上が座れる移動式観覧席を備え、バレーボールやバスケットボールをはじめとする各種競技はもちろん、講演会などにも対応が可能です。

 「この国で、世界のリーダーを育てたい」という開校以来の理念を、より着実に具体化するために、平成30年度から、すべてのクラスがグローバルエリートクラス(GE)に一本化されます。

 春日部共栄中学校の教育ビジョンには、以下のようなものがあります。
①本物にこだわる!
 最先端を見る・聞く・触れる
 年8回の講演会
②大学までの人ではなく、大学からの人に!
 世界・英語、専門
 グローバルリーダーへの道
③敢えて三兎を追え!
 充実した学校生活(一体感・達成感)
④学校は失敗するところ、教室は間違えるところ!
 新たなことへの挑戦、可能性の追求

 2020年からの大学入試改革に備えて
1.アクティブラーニング
 ・グループ討論、プレゼンテーション、ビブリオバトル
2.英語の外部検定試験対策
 ・英検、GTEC、四技能の育成
3.記述式への対応
 クリティカルシンキング、ワールドビュー、文章検定、ニュース検定

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の春日部共栄中学校の累計合格実績は86%(69名受験59名合格)です。



説明会会場の様子です。


平成29年度中学入試結果

第1回 1/10
午前総合選抜4科
志願者数 277名(男子 108名、女子 169名)
受験者数 249名(男子  97名、女子 152名)
合格者数 198名
 男子  75名(GEクラス 36名、GSクラス 39名)
 女子 123名(GEクラス 75名、GSクラス 48名)

午後総合選抜4科
志願者数 293名(男子 128名、女子 165名)
受験者数 273名(男子 121名、女子 152名)
合格者数 225名
 男子 101名(GEクラス 61名、GSクラス 40名)
 女子 124名(GEクラス 67名、GSクラス 57名)

第2回 1/11
午前総合選抜4科
志願者数 220名(男子  90名、女子 130名)
受験者数 105名(男子  42名、女子  63名)
合格者数  91名
 男子 38名(GEクラス 12名、GSクラス 26名)
 女子 53名(GEクラス 15名、GSクラス 38名)

午前総合選抜2科
志願者数 46名(男子 19名、女子 27名)
受験者数 33名(男子 14名、女子 19名)
合格者数 27名
 男子 11名(GEクラス 4名、GSクラス 7名)
 女子 16名(GEクラス 8名、GSクラス 8名)

午後総合選抜4科
志願者数 298名(男子 133名、女子 165名)
受験者数 137名(男子  62名、女子  75名)
合格者数 92名
 男子 39名(GEクラス 18名、GSクラス 21名)
 女子 53名(GEクラス 21名、GSクラス 32名)

第3回 1/15
午前総合選抜2科
志願者数 335名(男子 154名、女子 181名)
受験者数 131名(男子  54名、女子  77名)
合格者数  88名
 男子 35名(GEクラス 12名、GSクラス 23名)
 女子 53名(GEクラス 14名、GSクラス 39名)

第4回 2/4
午前総合選抜4科
志願者数 263名(男子 127名、女子 136名)
受験者数  22名(男子  15名、女子   7名)
合格者数  14名
 男子 10名(GEクラス 7名、GSクラス 3名)
 女子  4名(GEクラス 1名、GSクラス 3名)

・特待生数
第1回 1/10
午前総合選抜4科 33名
午後総合選抜4科 35名
第2回 1/11
午前総合選抜4科 10名
午前総合選抜2科  1名
午後総合選抜4科  6名
第3回 1/15
午前総合選抜2科  9名
第4回 2/4
午前総合選抜4科  4名

・合格最低点(4科300点満点、2科200点満点)
第1回 1/10
午前総合選抜4科 GEクラス176点、GSクラス142点
午後総合選抜4科 GEクラス167点、GSクラス130点
第2回 1/11
午前総合選抜4科 GEクラス191点、GSクラス130点
午前総合選抜2科 GEクラス109点、GSクラス 81点
午後総合選抜4科 GEクラス185点、GSクラス151点
第3回 1/15
午前総合選抜2科 GEクラス140点、GSクラス113点
第4回 2/4
午前総合選抜4科 GEクラス210点、GSクラス159点

・受験者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
第1回 1/10
午前総合選抜4科
国語 53.3点、算数 54.4点、理科 32.6点、社会 28.5点
午後総合選抜4科
国語 54.9点、算数 41.7点、理科 31.0点、社会 32.0点
第2回 1/11
午前総合選抜4科
国語 51.3点、算数 46.0点、理科 29.8点、社会 30.5点
午前総合選抜2科
国語 46.3点、算数 47.9点
午後総合選抜4科
国語 52.8点、算数 37.7点、理科 31.7点、社会 32.3点
第3回 1/15
午前総合選抜2科
国語 59.8点、算数 50.6点
第4回 2/4
午前総合選抜4科
国語 52.5点、算数 56.7点、理科 27.6点、社会 29.2点

・合格者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
第1回 1/10
午前総合選抜4科
国語 56.7点、算数 59.2点、理科 34.6点、社会 30.9点
午後総合選抜4科
国語 57.8点、算数 45.7点、理科 33.6点、社会 34.4点
第2回 1/11
午前総合選抜4科
国語 53.7点、算数 49.3点、理科 31.0点、社会 31.9点
午前総合選抜2科
国語 48.1点、算数 52.3点
午後総合選抜4科
国語 56.7点、算数 44.4点、理科 35.0点、社会 36.5点
第3回 1/15
午前総合選抜2科
国語 66.1点、算数 57.3点
第4回 2/4
午前総合選抜4科
国語 60.8点、算数 70.9点、理科 32.1点、社会 33.7点

・入学者数 149名
・併願上位校(上位10校)
男子 開智、栄東、城北、成城、専修大松戸、本郷、立教新座、芝浦工大柏、高輪、芝浦工大
女子 開智、大妻、淑徳与野、専修大松戸、市川、浦和明の星、麗澤、共立女子、江戸川取手、栄東


平成30年度中学入試について
・変更点
グローバルエリートクラスに一本化する
第1回、第2回の午後入試の開始時刻を14時に早める
第4回の合格発表の時刻を18時に早める

・募集定員・入試日程・入試科目 等
募集定員160名
第1回 1/10
午前入試(4科)、午後入試(4科)
第2回 1/11
午前入試(2科・4科選択)、午後入試(4科)
第3回 1/15
午前入試(2科)
第4回 2/4
午前入試(4科)

平成29年度大学入試結果(合格者数)
中高一貫9回生
国公立大15名(H28年度 8回生17名)
 東京外国語大1名、電気通信大1名、埼玉大1名、千葉大1名、横浜国大2名、首都大東京2名 等
私立大
 早稲田大2名、慶應義塾大2名、上智大4名、東京理科大2名
 明治大15名、青山学院大5名、立教大3名、中央大9名、法政大13名、学習院大4名 等
医学部医学科
 秋田大1名、愛知医科大1名
卒業生数119名


 最後に学校説明会の詳細は、 こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

塾対象説明会レポート:江戸川学園取手中学校

2017-09-15

カテゴリー:塾対象説明会レポート2017,

 江戸川学園取手中学・高等学校は、茨城県取手市にある小中高一貫校です。1978年江戸川学園取手高等学校が創立され、9年後江戸川学園取手中学校が開設されました。2012年4月には江戸川学園取手小学校も開校し、茨城県初の小・中・高12ヵ年一貫教育校となりました。小学校の校舎は中・高の校舎から1.5kmくらい離れたところにあります。

 2016年度より、中等部段階から以下の3コース制となりました。
 東大ジュニアコース(定員30名)
 医科ジュニアコース(定員30名)
 難関大ジュニアコース(定員180名)
 ※ 東大ジュニアコースと医科ジュニアコースの中2生は各2クラスになりました。

 コース制による教育の主な特色
①東大ジュニアコースと医科ジュニアコースは、3年後に高等部東大コース、医科コースに直結する6ヵ年一貫の特色あるコースです。ただし、高等部へ進級する際は内部選抜があります。選抜で入れなかった場合は、高ニ、高三でチャレンジすることができます。
②難関大ジュニアコースに在籍していても、本人の希望と学力によって、中ニ、中三の進級時に東大ジュニアコースや医科ジュニアコースへのチャレンジが可能です。条件を満たした希望者が多い場合、クラス数を増やします。
③中等部段階から、将来への夢や目標の実現のために、従来通り道徳を柱とした心の教育を充実させると共に、各コースとも授業を第一に高等部の各コースに接続できるための基礎学力の定着を図ります。(各コースとも教科の指導内容や時間割は変わりません)。
④医科ジュニアコースは総合学習として病院の見学や中等部生向けの医科講和などを行います。
⑤各学年とも体験学習や社会科見学など取り入れ、探究心や研究心を深め思考力や課題解決能力などを磨く取り組みを行います。
⑥各コースとも卒業生による講和(受験体験や実際の大学生活などの)を実施します。

 その他の特長として、「イベント教育」があります。オーディトリアムで行われる「イベント教育」は、世界の第一線で活躍している著名人の講演会や世界的な音楽家の演奏、古典芸能鑑賞などを行っています。イベント教育を通して、ものの見方や考え方に広がりと深みを与えられるように工夫と趣向を凝らしています。本年度の「イベント教育」として、5月に人工知能の第一人者である「野村直之先生の講演会」6月に「ラドゥロビッチと仲間たちのコンサート」7月に劇団わらび座による「二宮金次郎」観劇会が行われ、10月の紫峰祭では「池上彰先生の特別講演会」が予定されています。


正面に見える建物がオーディトリアムです。


 尚、中学入試は2019年度募集より、英語入試を導入し、国算理社の4科または国算英からの選択となり、2022年度からは国算英理社の5科目入試になる予定です。また、高校入試は、2019年度募集より、3コース制となります。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の江戸川学園取手中学校の累計合格実績は83%(113名受験94名合格)です。


平成29年度中学入試結果
第1回 1/17
応募者数
東大ジュニアコース
男子 221名、女子 113名、合計 334名
医科ジュニアコース
男子 101名、女子 107名、合計 208名
難関大ジュニアコース
男子 221名、女子 193名、合計 414名
受験者数
東大ジュニアコース
男子 219名、女子 103名、合計 322名
医科ジュニアコース
男子 101名、女子 103名、合計 204名
難関大ジュニアコース(スライドを含む)
男子 215名、女子 183名、合計 398名
合格者数
東大ジュニアコース
男子  63名、女子  18名、合計  81名
医科ジュニアコース
男子  24名、女子  21名、合計  45名
難関大ジュニアコース
男子 186名、女子  96名、合計 282名

第2回 1/25
応募者数
東大ジュニアコース
男子 177名、女子  90名、合計 267名
医科ジュニアコース
男子  85名、女子  91名、合計 176名
難関大ジュニアコース
男子 194名、女子 183名、合計 377名
受験者数
東大ジュニアコース
男子 114名、女子  56名、合計 170名
医科ジュニアコース
男子  63名、女子  70名、合計 133名
難関大ジュニアコース(スライドを含む)
男子 135名、女子 148名、合計 283名
合格者数
東大ジュニアコース
男子  31名、女子  11名、合計  42名
医科ジュニアコース
男子  16名、女子  17名、合計  33名
難関大ジュニアコース
男子 113名、女子  99名、合計 212名


第3回 2/4
応募者数
東大ジュニアコース
男子 169名、女子  81名、合計 250名
医科ジュニアコース
男子  82名、女子  92名、合計 174名
難関大ジュニアコース
男子 189名、女子 179名、合計 368名
受験者数
東大ジュニアコース
男子  60名、女子  30名、合計  90名
医科ジュニアコース
男子  29名、女子  37名、合計  66名
難関大ジュニアコース(スライドを含む)
男子  88名、女子  98名、合計 186名
合格者数 合格者数
東大ジュニアコース
男子  18名、女子  12名、合計  30名
医科ジュニアコース
男子   6名、女子   8名、合計  14名
難関大ジュニアコース
男子  68名、女子  53名、合計 121名

受験者平均点(国語150点、算数150点、社会100点、理科100点)
第1回 
東大ジュニアコース
国語 84.9点、算数 82.6点
理科 68.2点、社会 62.4点  4科298.0点
医科大ジュニアコース
国語 81.0点、算数 76.2点
理科 63.4点、社会 57.6点  4科278.3点
難関大ジュニアコース
国語 70.5点、算数 57.5点
理科 54.5点、社会 50.8点  4科233.4点
第2回
東大ジュニアコース
国語 104.5点、算数 83.4点
理科 63.3点、社会 65.9点  4科317.1点
医科大ジュニアコース
国語 104.3点、算数 77.4点
理科 61.0点、社会 64.9点  4科307.7点
難関大ジュニアコース
国語 93.1点、算数 58.8点
理科 50.4点、社会 54.6点  4科256.9点
第3回 
東大ジュニアコース
国語 78.2点、算数 80.4点
理科 51.1点、社会 58.9点  4科268.6点
医科大ジュニアコース
国語 74.7点、算数 74.2点
理科 50.1点、社会 56.7点  4科255.7点
難関大ジュニアコース
国語 65.1点、算数 57.6点
理科 43.2点、社会 44.8点  4科210.8点

合格者平均点(国語150点、算数150点、社会100点、理科100点)
第1回
東大ジュニアコース
国語 102.3点、算数 111.3点
理科 81.0点、社会 73.2点  4科368.0点
合格最低点 339点
医科大ジュニアコース
国語 100.6点、算数 108.8点
理科 75.7点、社会 71.5点  4科356.8点
合格最低点 325点
難関大ジュニアコース
国語 87.0点、算数 88.3点
理科 68.4点、社会 62.6点  4科306.4点
合格最低点 279点
第2回
東大ジュニアコース
国語 115.6点、算数 109.7点
理科 75.9点、社会 76.1点  4科377.3点
合格最低点 349点
医科大ジュニアコース
国語 121.9点、算数 98.5点
理科 73.5点、社会 73.2点  4科367.1点
合格最低点 348点
難関大ジュニアコース
国語 110.8点、算数 77.0点
理科 63.3点、社会 65.2点  4科315.7点
合格最低点 292点
第3回 
東大ジュニアコース
国語 94.2点、算数 102.0点
理科 60.1点、社会 71.6点  4科327.8点
合格最低点 294点
医科大ジュニアコース
国語 93.3点、算数 100.1点
理科 57.4点、社会 66.1点  4科316.9点
合格最低点 297点
難関大ジュニアコース
国語 77.4点、算数 80.8点
理科 48.8点、社会 57.4点  4科264.4点
合格最低点 240点


コミュニティーホールです。 


平成30年度中学入試について
試験日程・募集定員
第1回 1月17日 定員150名
第2回 1月25日 定員60名
第3回 2月4日  定員30名
東大ジュニアコース(30名募集)
医科ジュニアコース(30名募集)
難関大ジュニアコース(180名募集)

試験科目・時間・配点
第1回、第2回、第3回
国語・算数 各60分 150点満点
理科・社会 各40分 100点満点
合計 500点満点

特待について
コースによる特待基準の差は一切ありません。
A特待 入学時納入金全額及び授業料1年間の免除(特待生としての継続は、年度ごとの審査による。)
B特待 入学時納入金の全額免除

帰国子女受験について
資格 海外の学校に通算1年以上在籍し、帰国後3年以内の者
入試科目(第1回、第2回、第3回)
国語・算数・英語各60分、各150点満点、合計450点満点
(英語での受験を希望しない場合は、一般と同じ4科目で受験)
入試において、東大ジュニアコースと医科ジュニアコースの合格点に達しない場合は、難関大ジュニアコースへのスライド合格があります。
第1回・第2回入試において、目指すコースの合格点に達しなかった場合や特待が合格でない場合は、第2回入試や第3回入試において、再度チャレンジすることができます。



説明会会場のオーディトリアム大ホールです。


平成29年度大学入試結果(合格者数)
国公立大121名(H28年度138名)
 東京大5名、京都大1名、東京工業大1名、東京医科歯科大2名、お茶の水女子大1名、東京学芸大4名、東京農工大1名、電通大1名、東京外国語大2名、千葉大12名、筑波大23名、横浜国立大6名、北海道大8名、東北大1名、横浜市立大1名 等
私立大
 早稲田大65名、慶應義塾大31名、上智大13名、東京理科大122名
 明治大70名、青山学院大11名、立教大33名、中央大36名、法政大42名、学習院大23名 等



 最後に学校説明会等の詳細は、 こちら まで。
 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

塾対象説明会レポート:山脇学園中学校

2017-08-17

カテゴリー:塾対象説明会レポート2017,

 山脇学園中学校は、港区赤坂にある女子の完全中高一貫校です。山脇学園は1903年に創設され114年を迎えました。2009年から「山脇ルネサンス」がはじまりました。

 施設面では、
 平成23年に短大施設を改修して「サイエンスアイランド」「イングリッシュアイランド」をオープンしてから、平成27年にすべての教育施設のリニューアル工事が完了しました。最後に残っていた国の重要文化財である「武家屋敷門」の移築が平成28年8月に完了し、平成29年度中学入試では受験生が武家屋敷門を通って受験会場へ向かいました。教育目標を「社会で生き生きと活躍する女性のリーダーを育てる」と定めました。そして、現代社会で女性が活躍するために必要な4つの力として、「自己知・社会知」「創造的学力」「自己啓発力」「協働力」を定めました。「国際社会で生き生きと活躍する女性」「高度理系専門職として働く女性」を21世紀に働く女性の姿として、その実現に必要な資質の育成を目指しています。



武家屋敷門です。


 山脇学園では、プロジェクト型学習を行っています。校舎の中に3つのアイランドを設け、それぞれ専門の学習ができる環境を整えています。3つのアイランドは、
・サイエンスアイランド(SI)
・イングリッシュアイランド(EI)
・リベラルアーツアイランド(LI)
です。

サイエンスアイランド(SI)
科学を通して社会に貢献する志を育てる
・中1・中2「サイエンティストの時間」
 理科の時間とは別に、毎週1時間
 多分野にわたる実験中心の授業、中3では選択制
・中3科学研究チャレンジプログラム(希望選択制)
 選んだテーマで本格的なグループ研究
 (科学技術振興機構の助成と大学の支援を受けて実施)
 西表野生生物調査隊
・SIが主催する全生徒への公開イベント
 大学の協力による共同実験・研究体験

イングリッシュアイランド(EI)
国際社会で活躍する志と資質を育てる
・中1〜中3 EIS(イングリッシュアイランドステイ)
 英語の授業とは別に、週1時間、EIでの実践的な授業で
 コミュニケーション力を育成
・中3英語チャレンジプログラム(希望選択制)
 英語を公用語としてホームルーム活動・放課後活動
 イギリス語学研修参加(3月)
ヤマワキ・ガールズ・エンカレッジメント・プログラム(YGEP)
・中1・2 英語イマージョンウィーク
・中2 ブリティッシュヒルズ研修
・中3 イギリス語学研修
・中3〜高1 YGEP(基礎編)
・高1 オーストラリア語学研修
・高1〜高2 YGEP(女子教育(エンパワーメント)編)
・高1〜高2 オーストラリアターム留学
・高2 アメリカ(ボストン)大学留学体験

リベラルアーツアイランド(LI)
プロジェクト型の学習で「自己知・社会知」を育てる
・国語科「知の技法の時間」
・社会科「多読多筆の時間」
・グループディスカッション
・プレゼンテーション
・各学年「総合学習」「部活動」
プロジェクト型学習のグループ活動の場
・校外学習

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の山脇学園中学校の累計合格実績は88%(7名受験8名合格)です。



山脇学園の校舎です。


平成29年度中学入試結果
※4教科型一般入試
・応募者数
A日程 2/1 352名(H28年度 355名、H27年度 352名)
B日程 2/2 527名(H28年度 590名、H27年度 573名)
C日程 2/4 475名(H28年度 599名、H27年度 590名)

・受験者数
A日程 2/1 335名(H28年度 328名、H27年度 327名)
B日程 2/2 378名(H28年度 381名、H27年度 381名)
C日程 2/4 233名(H28年度 266名、H27年度 265名)

・合格者数
A日程 2/1 147名(H28年度 150名、H27年度 144名)
B日程 2/2 175名(H28年度 177名、H27年度 161名)
C日程 2/4  52名(H28年度  51名、H27年度  71名)

・実質倍率
A日程 2/1 2.3倍(H28年度 2.2倍、H27年度 2.3倍)
B日程 2/2 2.2倍(H28年度 2.2倍、H27年度 2.4倍)
C日程 2/4 4.5倍(H28年度 5.2倍、H27年度 3.7倍)

・繰り上げ合格者数 23名(H28年度 23名、H27年度 21名)

・入学者数
合計 255名(H28年度 263名、H27年度 232名)

・合格最低点(4科320点満点)
A日程 2/1 186点(H28年度 182点、H27年度 189点)
B日程 2/2 190点(H28年度 176点、H27年度 175点)
C日程 2/4 176点(H28年度 183点、H27年度 173点)

・受験者平均点(国語100点、算数100点、社会60点、理科60点)
A日程 2/1
国語58.1点、算数51.0点、社会29.8点、理科33.3点
4科合計172.3点
B日程 2/2
国語63.0点、算数59.5点、社会28.1点、理科30.6点
4科合計181.2点
C日程 2/4
国語52.9点、算数45.5点、社会23.8点、理科28.0点
4科合計150.1点

・合格者平均点(国語100点、算数100点、社会60点、理科60点)
A日程 2/1
国語65.2点、算数64.2点、社会34.4点、理科38.5点
4科合計202.2点
B日程 2/2
国語70.4点、算数75.2点、社会34.5点、理科35.8点
4科合計215.9点
C日程 2/4
国語64.6点、算数62.5点、社会30.5点、理科34.9点
4科合計192.4点

※英語特別枠入試
・応募者数
A日程 2/1 32名
B日程 2/2 50名
C日程 2/4 36名
帰国生     72名

・受験者数
A日程 2/1 32名
B日程 2/2 36名
C日程 2/4 16名
帰国生     72名

・合格者数
A日程 2/1 19名
B日程 2/2 15名
C日程 2/4  6名
帰国生     62名

・受験率
A日程 2/1 100%
B日程 2/2  72%
C日程 2/4  44%
帰国生     100%

・入学者数  合計 38名



山脇学園のグラウンドです。


平成30年度中学入試について
・英語特別枠入試 約40名募集
 帰国生入試 12/2
  国語(30分・50点)算数(30分・50点)英語(50分・100点)面接(本人のみ)
※英検2級以上(H27年6月以降に取得したもの)の合格証のコピーで英語の試験を免除する。
 一般入試
 A日程 2/1、B日程 2/2、C日程 2/4
 国語(50分・100点)算数(50分・100点)英語(60分・120点)面接なし
※英検3級以上(H27年6月以降に取得したもの)の合格証のコピー提出で希望により英語のテストを免除する。
・一般入試
 A日程 2/1 100名募集
 B日程 2/2 100名募集
 C日程 2/4 40名募集
 国・算(各50分・各100点)社・理(各30分・各60点)面接なし
※詳細は、9月に配布する「入試要項&出願書類」でご確認下さい。



山脇学園の正門です。


平成29年度大学入試結果(合格者数)
国公立大6名(H28年度8名)
 筑波大1名、新潟大1名、首都大東京1名、横浜市立大2名、国際教養大1名
・私立大
 早稲田大11名、慶應義塾大4名、上智大6名、東京理科大4名、
 明治大8名、青山学院大14名、立教大27名、中央大9名、法政大17名、学習院大8名 等
・卒業生数 231名


 最後に学校説明会等は、 こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

Page top