ブログ/お知らせ

塾対象説明会レポート:芝浦工業大学柏中学校

2021-06-18

カテゴリー:塾対象説明会レポート2021,

 芝浦工業大学柏中学高等学校は、千葉県柏市にある男女共学の中高一貫校です。昭和55年に芝浦工業大学柏高等学校が男子校として開校しました。平成2年には男女共学となり、平成11年に中学校が開校しました。アーバンパークラインの新柏駅からと常磐線の柏駅からスクールバスが走っております。千葉の東葛地域のみならず、船橋方面からの多くの受験生が受ける学校の一つです。


芝浦工業大学柏中学校の校舎です。

 芝浦工業大学柏中学高等学校の話題として、「スーパーサイエンスハイスクール」に再指定されました(2018年度から5年間)。前回、2004年〜2008年までの5年間指定を受け、終了後もプログラムを継続しています。

 芝浦工業大学柏高等学校では「グローバルサイエンスクラス」「ジェネラルラーニングクラス」の2つのコースがあります。
 「グローバルサイエンスクラス」は、東大をはじめとする最難関国公立大を目指すクラスで、そうした大学に合わせて履修科目が決まっています。通常授業では、アクティブラーニングなども実施しながら、自分たちで理解し、表現することを目標としています。
 「ジェネラルラーニングクラス」は、国公立大、難関私大を目指すクラスです。補習なども適宜実施しながら、5教科7科目を高いレベルで学習していきます。高校3年次には、志望する大学に合わせて、細かいコース制を敷いています。
 高校2・3年次には志望大学に合わせて、「グローバルサイエンスクラス」の編成を見直していきます。志望者が多い場合には、成績で選考を行います。


説明会会場です。オンラインでも実施されていました。

 2021年度中学入試では、受験者数は、第1回入試増加第2回第3回減少となりました。実質倍率第1回入試2.1倍(昨年度2.2倍)第2回3.0倍(昨年度5.3倍)となりました。第3回入試は、合格者数10名と昨年度の33名から大幅に減少したため、実質倍率11.2倍(昨年度4.6倍)に上昇しました。第1回入試第2回入試では、英語入試(英語による口頭試問)も行われ、英検3級相当と判断した場合は10点の加点、それ以上と判断した場合には、英語力に応じてより加点を行いました。

各科目からの分析・差のつく一問・変更点など
国語
漢字・物語文・説明文の3題構成
漢字は記述型、成分や成り立ちを意識
物語は「名作シリーズ」、60字程度の記述問題
説明文では60字程度の記述・自分の言葉で説明する
入試教科分析
漢字や接続詞などの基本的な問題で差がつく
物語文は、心情の変化を追う問題で差がつく
セリフだけでなく、行動などにあらわれる心情をきちんとおさえる
説明文は、具体例を作ってみたり、正しい解釈を選んだりする問題で差がつく
筆者の主張を丁寧に追うことが必要

算数
基本的な計算力や解法を身につけることだけにとどまらず、考える力を試す問題を出題
型にはまらない思考力を試している
入試教科分析
計算問題が少し難しめ
立体図形で差がつくことが例年多い
記述では採点者に伝わる論理的な書き方を
長い問題文を読み解く力も大切
なぜその答えになるか解法を考える力がほしい
言葉を用いて説明する問題を出題(2行程度)

社会
1歴史分野、2地理分野(日本地理・地形図)、3公民分野
例年、地理分野・公民分野で差がつく場合が多い
時事問題やその理解を問う問題など
表・グラフ・写真などの読み取り
入試教科分析
10〜50字の説明問題あり
ポイントを押さえて、わかりやすく説明
問題数は各分野とも2021年度より2,3題ずつ減らす予定
解答しやすい分野・問題から解く習慣

理科
1生物分野、2地学分野、3化学分野、4物理分野
まんべんなく出題・総合的問題は各分野の中で問う
知識問題・実験問題・記述問題・計算問題
日常の中で、考える力
入試教科分析
計算問題=2段階以上のもの
実験観察問題 方法や手順も
理由などを述べる記述問題
グラフや表の読み取り問題

3回目入試
課題作文(文)(理)それぞれ45分+面接
課題作文は簡易な適性検査型論述作文
面接は事前の対策がなくても答えられる内容
課題作文のみ受験も可
入試教科分析
基本的には課題作文の得点を重視
1回目・2回目とは別の視点からの評価で判定
文章や図などを読み取りつつ自分の意見をまとめる
昨年度の合格最低得点率は約50%

 2022年度中学入試の変更点は、国語の物語的文章・説明的文章で合わせて200字程度の記述が出題されていましたが、それぞれ60字ずつの出題となりますまた、物語的文章または説明的文章の中で一〜二題の漢字書き取り問題を予定しています。

 2021年度大学入試の合格者数は、国公立大は昨年度とほぼ同じ68名でした(昨年度69名)。東京大2名、京都大1名をはじめ、現役で東工大2名、一橋大1名が合格しています。
 GMARCH以上に最低1校は合格している生徒の割合は、55.9%で、半数以上の生徒は、GMARCH以上の大学の合格を勝ち取っています。また、芝浦工業大学へ内部推薦で進学する生徒は40名で、例年より少し多かったようです。


この日は定期試験があり、説明会終了時刻と生徒の帰宅時刻が重なりました。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の芝浦工業大学柏中学校の累計合格実績は70%(61名受験43名合格)です。

 最後に、学校説明会の詳細は、 こちら まで

 以上です。この説明会レポートが参考になった方は応援クリックをお願いします。

千葉県柏市の進学塾「エクセレントゼミナール」

住所
〒 277-0852 千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル5F
連絡先
TEL:04-7148-4619
最寄駅
柏駅西口(高島屋側)を出て徒歩1分

<< 一覧へ戻る

ブログランキング
FC2
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキング
カテゴリーページ
塾対象説明会レポート2021
中学入試 激励風景2021
重大ニュース2020
塾対象説明会レポート2020
中学入試 激励風景2020
重大ニュース2019
塾対象説明会レポート2019
中学入試 激励風景2019
重大ニュース2018
塾対象説明会レポート2018
中学入試 激励風景2018
重大ニュース2017
塾対象説明会レポート2017
塾対象説明会レポート2016
イーシャメ
今日の教養
小6の本棚
中学入試 激励風景2016
塾対象説明会レポート2015
中学受験の歩き方
中学入試に役立つ学習法
きょうのエピソード
今日の教養
教育投資の考え方
自己紹介その他お知らせ
模試の鉄則
私立中学の歩き方
塾対象説明会レポート2013
塾対象説明会レポート2012
塾対象説明会レポート2011
重大ニュース2011
合否を決める一問
シュサイの哲学

Page top