ブログ/お知らせ

文化祭・学校説明会活用法2020

2020-07-20

 今年度は、学校が夏休みに入るのもまだ先になりますが、エクセレントゼミナールでは、明日7月21日(火)より夏期講習が始まります。そして、夏休みが終わり9月に入ると、例年ですと、どこの学校でも、運動会や文化祭、そして学校説明会などのイベントが目白押しになるのですが、今年度は、……。受験学年はもちろん、小4や小5の早い時期から志望校を訪れる良い機会がこれらのイベントです。

 エクセレントゼミナールでは今年も、来る9月6日(日)の10:30〜12:00で、「中学受験の基礎講座 第6回 文化祭・学校説明会活用法」という父母向け公開セミナーを開催いたします。

 このセミナーでは、

 ①複数回実施される学校説明会ではどの回に参加すべきか?

 ②校内見学ではどこを見るか?

 ③個別相談会では何を相談するか?

 ④学校説明会で何を聞くべきか?

 ⑤文化祭ではどこを見るのか?

 などのコツを説明していきます。なぜそんな話を? と思われる方も多いかもしれませんが・・・・・特に文化祭ではその学校が力を入れて取り組んでいるテーマ(たとえば地球環境についてのレポートなど)が発表されており・・・・・当然、それらを指導している先生が入試問題を作る可能性が高いわけですから・・・・・・レポートのテーマが入試問題に反映されることもあるのです。そのため、文化祭は受験生の親にとっては情報収集のための良い機会なので・・・・・せっかく行くからには、アンテナを張り巡らしておく必要があるわけです。

 また資料として、今年の各学校のイベントスケジュール一覧表、男女別イベントカレンダー、学校説明会時記入用フォーマット用紙を配布いたします。今後開催される学校説明会をフル活用するために使える資料となっておりますので、参加ご希望の方は PDF にアクセスして、参加申込書にご記入の上、FAX(04―7148―4617)してください。

 もちろん参加無料の公開講座ですから、エクセレントゼミナール塾生以外の方であっても参加できます。多数の皆様のご参加をお待ちしております!!

塾対象説明会レポート:江戸川学園取手中学校

2020-07-02

カテゴリー:塾対象説明会レポート2020,

 新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、今年後の塾対象説明会は、中止になったり、オンラインでの開催となったりしています。そのような状況の中、江戸川学園取手中学校で塾対象説明会が行われました会場入口ではサーマルカメラで温度測定を行い、座席の間隔を十分に取った上での開催となりました。塾の先生方は100名ほど集まっていました。
 創立40周年記念事業として、この4月に総合体育館Sakura Arenaが竣工しました。Sakura Arenaは、1階が雨天運動エリア、部室、体育用具庫、駐車場、2階が武道場、卓球場、ダンス室、3階がメインアリーナ、ロッカールーム、シャワー室、4階が観客席になっています。説明会終了後にSakura Arenaの見学ツアーが行われました。


Sakura Arenaです。

 2021年度の中学入試は、全ての回で、午前中で終了するように変更になります。そのため、時間配分及び満点が変更となります。また、新型コロナウイルスの影響を受けた受験生たちに配慮し、従来の入試問題よりも若干範囲や難度を緩和します。また、新規に適性型入試を導入します。


2021年度中学入試
・試験日程・募集定員
 第1回 1月17日 定員200名
 第2回 1月25日 定員70名
 第3回 2月5日  定員30名
 東大ジュニアコース(70名募集)
 医科ジュニアコース(70名募集)
 難関大ジュニアコース(160名募集)

・試験科目・時間・配点
①4科目型入試
 国語・算数 各50分 各100点満点
 理科・社会 合わせて60分 各50点満点
 合計 300点満点
②英語型入試
 国語・算数 各50分 各100点満点
 英語 60分 100点満点
 合計 300点満点
 英語は、CEFR(国際標準規格)でA1〜A2(「日常生活での基本的な表現を理解し、ごく簡単なやりとりができる、英検3級程度」から、「日常生活での身近なことがらについて、簡単なやりとりができる、英検準2級程度」)を出題レベルとする。
③適性型入試(第1回入試のみ)
 適性型A・B 各50分 各100点満点
 集団面接 1グループ10分 5名程度 5段階評価
 合計 200点+5段階評価
④帰国生入試
 資格 海外の学校に通算1年以上在籍し、帰国後3年以内の者
 国語・算数 合わせて60分 各75点満点
 英語 60分 100点満点
 個別面接 10分 50点
 合計 300点
 国語・算数の問題は、「一般入試」と同一問題ですが、解くべき問題を指定する。指定された問題のみ解答する。

・特待について
 第1回入試、第2回入試、第3回入試それぞれにおいて、入試成績がきわめて優秀であると判断した生徒に対し、特待生として合格発表を行う。特待基準は3コースとも同一です。
 A特待 入学時納入金全額及び、授業料1年間の免除(特待生としての継続は、年度ごとの審査による。)
 B特待 入学時納入金の全額免除

・入試において、東大ジュニアコースと医科ジュニアコースの合格点に達しない場合は、難関大ジュニアコースへのスライド合格制度があります。

・再チャレンジ
 希望コースへの再チャレンジや特待合格への再チャレンジが可能です。

・各コース合格の目安
 東大ジュニア・医科ジュニア 合計点の7割 特待は合計点の8割
 難関大ジュニア 合計点の6割 特待は合計点の8割

・途中でコースを変更することも可能になりました。


通用門の様子です。

2022年度中学入試
 試験科目に英語が課され、5科目入試となります。英語はリスニング問題(20分)となります。
 適性型入試にも英語の同一問題が課されます。


中等部校舎です。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の江戸川学園取手中学校の累計合格実績は83%(127名受験106名合格)です。

 最後に学校説明会等の詳細は、 こちら まで。
 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!
ブログランキング
FC2
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキング
カテゴリーページ
塾対象説明会レポート2020
中学入試 激励風景2020
重大ニュース2019
塾対象説明会レポート2019
中学入試 激励風景2019
重大ニュース2018
塾対象説明会レポート2018
中学入試 激励風景2018
重大ニュース2017
塾対象説明会レポート2017
塾対象説明会レポート2016
イーシャメ
今日の教養
小6の本棚
中学入試 激励風景2016
塾対象説明会レポート2015
中学受験の歩き方
中学入試に役立つ学習法
きょうのエピソード
今日の教養
教育投資の考え方
自己紹介その他お知らせ
模試の鉄則
私立中学の歩き方
塾対象説明会レポート2013
塾対象説明会レポート2012
塾対象説明会レポート2011
重大ニュース2011
合否を決める一問
シュサイの哲学

Page top