ブログ/お知らせ

中学入試に役立つ学習法:社会編その8

2023-03-21

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:社会編,

 前回は大化の改新4つの柱が制定されたというところで終わりました。さて、今日は・・・・・
 
シュサイ:「前回は化の改新4つの方針が決められたところまで話したんだったね。4つの方針というのは、
 
公地公民制
班田収授法
国郡制度
租庸調
 
だったね。さて、この改新の詔(かいしんのみことのり >>詳しくはこちら)は唐の政治制度を参考に作られたものなんだが、実現されるまでに数十年かかったと考えられているんだ。つまり、645年大化の改新(>>詳しくはこちら)の後、663年白村江の戦い(はくそんこうのたたかい、はくすきのえのたたかい >>詳しくはこちら)で唐と新羅の連合軍にボロ負けして、672年壬申の乱(じんしんのらん >>詳しくはこちら)が起こって、694年に飛鳥(>>詳しくはこちら)から藤原京(>>詳しくはこちら)へ遷都する。そして701年大宝律令(>>詳しくはこちら)が定められて、この頃にやっと本格的に政治制度が整備されたかな、というところで710年には平城京(>>詳しくはこちら)へ遷都する。(>>こちら参照)もともと古代は現代と違って時間の流れがゆっくりだし、まして新しい都を作ってお引越しをする遷都なんて何年もかかる大事業だから、民衆はいつも振り回されている感じだったんじゃないかな。」
 
B君:「そうかあ。確かに今よりものんびりしていた時代だもんなあ。」
 
シュサイ:「いずれにしろ、日本が律令国家となるには、大宝律令の制定までかかったわけさ。さて、国にとって一番大事なのは税の徴収なわけだ。だから、そこに注目して日本の歴史を振り返ってみることにしよう。」
 
C君:「やっぱりお金は大事だなあ。」
 
シュサイ:「とお金つまり貨幣は違うんだけどなあ。まあ、お金が好きなC君のために、ちょっと横道にそれるけど、貨幣の話(>>詳しくはこちら)でもするか。富本銭(ふほんせん >>詳しくはこちら)や和同開珎(わどうかいちん、わどうかいほう >>詳しくはこちら)は存在していたけれど、国が作る貨幣にとって最も必要なのは、その価値に対する民衆の信頼なんだ。実際、飛鳥時代和同開珎から始まって平安時代中期までに12種類の貨幣(>>詳しくはこちら)が作られたんだけれど、信用が無くなって使われなくなってしまった実際に日本の貨幣制度が統一されたのは江戸時代だったから、日本では銅銭は600年間作られなかったことになる。」
 
C君:「えっ、お金が無かったの!」
 
シュサイ:「そういってもいいね。お金には4つの必要条件がある。
 
価値が認められること価値尺度
交換できること交換手段
支払いができること支払手段
価値が保存できること蓄蔵手段
 
の4つだ。ところが安定した通貨というのはなかなか無いんだ。価値尺度について、君たちにわかりやすい例を挙げると、第二次世界大戦後しばらくして決められた円の価値は、1ドル=360円(>>詳しくはこちら)だった。ところが今は1ドル=130円ぐらいだから、ドルから観た円の価値が約3倍になったことになる。つまり、昔のアメリカで360円だったものが、今なら130円で買えることになる。もっとも約70年経っているから、インフレを考えると一概には言えないけどね。現在の通貨は、国の信用が元になった管理通貨制度の下で発効されているけど・・・・・もしも赤字国債を乱発したり、偽札が大量に出回ったりしたらどうなる?」
 
B君:「ええと・・・・・お金の価値が下がって、今までの金額じゃ買えなくなります。」
 
シュサイ:「そうだね。このように、②〜④の機能が保障されている現代通貨であっても、①の価値尺度は変化しやすいわけだ。お金の価値というのは、国家に力があって初めて信用されるものなんだ。ところが、昔はコロコロと政治体制が変わるから、だれも政府の言うことを信用しないわけ。だから、お金よりも米のほうが信用されたんだ。したがって、税という漢字はのぎへんを書くわけ。」
 
C君:「だから僕は最近、お金よりも食べ物のほうに惹かれるのか!」
 
B君:「それは単にお前が卑しいだけだろ!」
 
シュサイ:「・・・・・またか。さて、米を作るのに必要なのは土地だよね。だから、土地をどのように分配するかが大きな問題だったわけだ。したがって土地の所有の仕方は、飛鳥時代公地公民制班田収授法(>>詳しくはこちら)⇒奈良時代三世一身法(さんぜいっしんのほう >>詳しくはこちら)を経て、墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう >>詳しくはこちら)⇒荘園(しょうえん >>詳しくはこちら)の発生、鎌倉時代御恩と奉公の関係太閤検地(>>詳しくはこちら)による荘園制度の完全な崩壊明治時代地租改正(ちそかいせい >>詳しくはこちら)へと進化していった。というわけで、国家を運営するための税金をどうやって徴収するかという工夫は、今も昔も変わらないってことだね。じゃあ、今日はここまでにしようか。」

R5年 中学入試・大学入試合格実績

2023-03-17

エクセレントゼミナールの今年度の中学入試、及び大学入試の合格状況が確定しましたので、ご報告します。

R5年中学入試合格実績

跡見学園中・・・・・2名全員合格

日大一中・・・・・・1名全員合格

茗溪学園中・・・・・1名全員合格

春日部共栄中・・・・1名全員合格

和洋国府台女子中・・1名全員合格

女子聖学院中・・・・1名全員合格

二松學舍大柏中・・・1名全員合格

流通経済大柏中・・・1名全員合格

土浦日本大中・・・・4名全員合格

東洋大牛久中・・・・1名全員合格

      以上 小6 在籍8名実績


R5年大学入試合格実績

関西学院大

 総合政策学部・・・1名全員合格

北里大

薬学部・・・・・・1名全員合格

津田塾大

 学芸学部・・・・・1名全員合格

順天堂大

医療看護学部・・・1名全員合格

日本赤十字看護大

 看護学部・・・・・1名全員合格

東京農業大

農学部・・・・・・1名全員合格

昭和女子大

 国際学部・・・・・1名全員合格

日本大

生物資源科学部・・1名全員合格

東洋大

食環境科学部・・・1名全員合格

近畿大

 農学部・・・・・・1名全員合格

武蔵野大

 看護学部・・・・・1名全員合格

帝京大

 医療技術学部・・・1名全員合格

      以上 高3 在籍6名実績

中学入試に役立つ学習法:理科編その8

2023-03-14

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:理科編,

 さて、生物に関する話の基礎編も、植物の分類動物の分類昆虫と見てきたわけですが・・・・・残りはセキツイ動物についての話と一番大事な「人体」、そして生物と環境についての話です。それでは、今日はセキツイ動物の話を始めましょう。
 
 動物を分類するときには、まず背骨があるかどうかで分けましたね。そして、背骨が無い動物が無セキツイ動物で、その代表が昆虫でした。
 では、背骨がある動物つまりセキツイ動物はどのように分けられるのでしょうか。
 
 まず、生物は海から生まれました。だから、魚類(>>詳しくはこちら)が一番簡単な体のつくりをしています。そして海で生まれた生物が陸に上がろうとしたわけですから、次のレベルが両生類(>>詳しくはこちら)です。この両生類の中で現在生きているのは、カエルイモリサンショウウオの3つだけですから、この3つは必ず覚えましょう。子どものときはオタマジャクシで水の中、大人になったらカエルになって陸に上がるから、両生類と呼ばれるのはわかりやすいですね。ちなみにイモリヤモリを間違えやすいのですが、イモリ(>>詳しくはこちら)は井戸を守るので井守(いもり)つまり水に関係するから両生類ヤモリ(>>詳しくはこちら)は家を守るので屋守(やもり)つまり水に関係しないから爬虫類と覚えてください。そして、魚類両生類の子ども(つまりオタマジャクシ)だけがエラ呼吸をします。

 陸に上がって爬虫類(>>詳しくはこちら)となったため、ワニカメ肺呼吸をします。ですから、油断するとワニカメ は溺(おぼ)れるわけですね。そして、陸に上がった生物は空を飛ぼうと鳥類(>>詳しくはこちら)に進化していきます。もちろん、鳥類哺乳類肺呼吸です。ちなみに、空を飛ぶにはすごいエネルギーを必要とするのはわかりますよね。一方で水の中では浮力が働きますから、空を飛ぶよりもずっと楽だろうな、ということもわかりますね。あらゆる生物は、生き残るために必要最低限の進化を必要とします。ですから、魚類心臓(>>詳しくはこちら)のつくりは1心房1心室一番簡単な構造をしていて、次が両生類2心房1心室、そして爬虫類不完全な2心房2心、最後に鳥類哺乳類の完全な2心房2心室と、生物にとって一番大事な心臓がだんだんと進化していくわけです。
 
 さて、魚類両生類爬虫類鳥類の4種類は基本的に卵で繁殖する(子どもを産む)卵生になります。そして、哺乳類は基本的に卵をメスの体内で孵化させ、胎児として産んで胎生:たいせい)、乳で育てます。ところが、世の中には例外はつきもので、哺乳類の中にも卵を産んで育てるものがいます。これがカモノハシ(>>詳しくはこちら)です。また、卵胎生(らんたいせい >>詳しくはこちら)という繁殖法をとる動物がいます。これは卵を胎内で孵化させてから子を産む繁殖形態で、中学入試レベルでは、グッピー(>>詳しくはこちら)とシーラカンス(>>詳しくはこちら)を覚えておくと良いでしょう。

 それでは、今回の内容をまとめると下の表のようになります。良く覚えておきましょう。なお、次回から数回にわたり、「人体」の話に入ります。



2023年「小6社会 難関中日本史の征服講座」開講!!

2023-03-09

エクセレントゼミナールでは、本年度も「難関中日本史の征服講座」を4月〜7月の毎土曜10:30〜12:00、全14回で開設いたします。

 

 最近の難関中の出題傾向を分析すると、難関中学になればなるほど社会の設問の難度が上がっています。特に社会科の入試問題の4割を占める日本歴史の分野に関しては、大学入試レベルの知識(大学入試共通テストレベル)がなければ解答できない設問も多くみられます。ところが、それら難関中学の合格者(受験者の大多数が御三家中併願者)の社会の得点率は85%に上ります。

 

 つまり、中学受験の社会科においては、細かな学習知識が不足している受験生は難関中学の合格者になれないのです。

 

 だから、エクセレントゼミナールでは、難関中学の出題レベルに対応するために大学入試レベルをカバーする日本史の講座(4月15日〜7月15日の毎土曜10:30〜12:00の全14回、38500円税込、1回(4400円税込)ごとの申し込みも可能)を設置いたしました。テキストはオリジナルのテキストを使用し、カリキュラム進度は予習シリーズ5年下に準じるものとします。 小6の難関中受験者レベルに対応した内容ですので、受講にあたっては一通り日本史を学習した6年生が望ましいですが、秋に学習する日本史を先取り学習したい5年生も受講可能といたします(講座定員12名)高い志を持つ受験生の受講を望みます!!

中学入試に役立つ学習法:算数編その8

2023-03-07

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:算数編,

 今日は「分数の計算」に入る前の最後の確認事項として、整数どうしの最小公倍数や最大公約数を見つけるための基本法である、「連除法」について書いてみたいと思います。
 
 ①2つの整数の最大公約数、最小公倍数の見つけ方
 
 たとえば、96と156の最大公約数と最小公倍数を見つけるには、96と156の両方を割ることのできる整数で次々に割っていきます 

 
 
   となり、131以外の約数を持ちません互いに素と呼びます)から、もう割れませんね。
 このとき、96と156を割った数のかけた数、すなわち12が96と156の最大公約数になります。また、最大公約数の1213をかけた数、すなわち1248が96と156の最小公倍数になります。ここまでは、「そんなの、わかっているよ」というところですよね。では、3つの整数ではどうでしょうか。96と144と156の3つの整数の最大公約数と最小公倍数を同じように求めてみましょう。
 
 ②3つの整数の最大公約数、最小公倍数の見つけ方

  

 
 さて、この時点で1213互いに素(1以外に約数を持たない)になりましたから、やはり最大公約数××12です。では最小公倍数は、12×8×12×13=14976なのでしょうか。違いますよね。3つ以上の整数の最小公倍数を求めるときには、さらに割る必要があるんでしたよね。つまり、 

 
  
 まで割って、×××××××13374496と144と156の最小公倍数です。もちろん、最大公約数は2×2×3×2×2=48ではなく、上で求めたように12ですよ。
 
 このように、2つの整数の最大公約数・最小公倍数の連除法3つ以上の整数の最大公約数・最小公倍数の連除法は、すこし違うことに注意しましょう。これを同じようにやってしまって間違える生徒は多いですからね。それでは、続きはまた。

中学入試に役立つ学習法:社会編その7

2023-02-28

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:社会編,

 さて、前回から古代の話に入りました。古代は、日本史上では古墳時代・飛鳥時代・奈良時代・平安時代の4つに分けることができます。時代の分け方にはいろいろありますが、古墳時代 (>>詳しくはこちら)と飛鳥時代(>>詳しくはこちら)は(朝廷のあった場所)の位置で分けられています。そしてそれ以降は、都の位置によって、奈良時代平安時代・・・・・と呼ばれることになります。
 
シュサイ:「前回は、古代の黎明期(れいめいき)である古墳時代の話をしたけれど、今日は飛鳥時代の話に入ろう。さて、古墳時代には、大和朝廷の豪族たちが争いばかりしていたから、大王(おおきみ)は氏姓制度を定めて、政権を安定しようとしたんだったね。大和朝廷の豪族たちは、すぐれた技術やを求めて、最初は朝鮮半島加羅(から、伽耶:かや >>詳しくはこちら任那:みまな・にんな・イムナ >>詳しくはこちら)と、しばらくしてからは百済(くだら・ひゃくさい・ペクチェ >>詳しくはこちら)と結びつきを強めていた。要するに、自分たちの勢力を強くするには、渡来人からもたらされる大陸文化が不可欠だったからだね。ところが、この渡来人たちを多く従えていた蘇我氏(そがし)がライバルの物部氏(もののべし)を倒して、大王を凌ぐほどの力を持った。そしてその頃は、朝鮮半島では加羅新羅(しらぎ・しんら・シルラ >>詳しくはこちら)に滅ぼされ、中国でも(ずい)が国内をまとめて、朝鮮半島に進出しようとしていた時代だったんだ。つまり、国内・国外とも不穏な時代だったわけだ。」
 
A子:「う〜〜ん。わかるような、わからないような。」
 
シュサイ:「たしかに、あまり馴染みの無い国名がたくさん出てくるからピンとこないだろうけど。でも、これを何とかしようと、日本のスターが登場する。聖徳太子(>>詳しくはこちら)だ。」
 
C君:「おお、昔の一万円札!」
 
B君:「また金かよ・・・・・。」
 
シュサイ:「豪族たちをまとめるために必要だったのは、はじめは権力権威だったよね。でも、権力や権威は弱まるとおしまいだから、聖徳太子は別の基準で国を治めようとしたわけだ。さて何でしょう。」
 
B君:「憲法十七条です。」
 
シュサイ:「そうだね。権力や権威ではなく、法で国を治めようとしたわけだ。そして、その中でも書かれているように、仏教の教えも新たな規範としようと考え、四天王寺(>>詳しくはこちら)や法隆寺(>>詳しくはこちら)を建立(こんりゅう)したわけだ。また、中国を統一した隋(ずい)の制度や文化を取り入れて政治の仕組みを整えるために、小野妹子(おののいもこ)を遣隋使(けんずいし)として派遣し、冠位十二階(>>詳しくはこちら)を制定した。このように古墳時代〜飛鳥時代には、古墳やため池などをつくる土木技術土師器(はじき >>詳しくはこちら)から須恵器(すえき >>詳しくはこちら)へとよりすぐれた器をつくる技術、製鉄の技術、養蚕と機織の技術そして漢字・仏教・儒教などの文化が渡来人から日本にもたらされたわけだ。」
 
A子:「へ〜〜、たくさん教えてもらったんだ。」
 
シュサイ:「ところが、聖徳太子が死んだ後、蘇我氏の勢力が強まり、天皇をしのぐほどになった。そして、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ >>詳しくはこちら)と中臣鎌足(なかとみのかまたり >>詳しくはこちら)が蘇我蝦夷(そがのえみし >>詳しくはこちら)・蘇我入鹿(そがのいるか >>詳しくはこちら)の親子を滅ぼして、政治の実権を握った。これが大化の改新(>>詳しくはこちら)だね。ちなみに、このときに初めて大化という元号が定められたので、大化の改新というんだよ。」
 
C君:「そうなんだ!」
 
シュサイ:「そう。このときに決めたのが、①公地公民制(こうちこうみんせい >>詳しくはこちら)、②班田収授法(はんでんしゅうじゅのほう >>詳しくはこちら)、③国郡制度(こくぐんせいど)、④租庸調(そようちょう >>詳しくはこちら)、の4つの柱だ。さて、今日は時間がきたから、続きは次回にしよう。」
ブログランキング
FC2
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキング
カテゴリーページ
塾対象説明会レポート2023
塾対象説明会レポート2022
塾対象説明会レポート2021
塾対象説明会レポート2020
塾対象説明会レポート2019
塾対象説明会レポート2018
塾対象説明会レポート2017
中学入試 入試風景2024
中学入試 合格発表風景2024
中学入試 激励風景2022
中学入試 激励風景2021
中学入試 激励風景2020
中学入試 激励風景2019
中学入試 激励風景2018
重大ニュース2023
重大ニュース2022
重大ニュース2021
重大ニュース2020
重大ニュース2019
重大ニュース2018
重大ニュース2017
小6の本棚
正しい模試の活用法
入試に良く出る略語の覚え方
自己紹介その他お知らせ
中学入試に役立つ学習法:国語編
中学入試に役立つ学習法:算数編
中学入試に役立つ学習法:理科編
中学入試に役立つ学習法:社会編
中学受験の歩き方

Page top