ブログ/お知らせ

必勝の併願パターン2022

2022-10-21

 中学受験では、併願パターンの組み方が非常に重要な意味を持ちます。



 首都圏中学入試の試験日程は・・・・・推薦入試や帰国子女入試などの特別入試を除けば、1月初旬〜茨城県・埼玉県の私立中入試、1月20日〜千葉県の私立中入試、2月1日〜東京都・神奈川県の私立中入試となっています。



 もちろん受験するのは小学生ですから、当然通学範囲は自宅から1時間以内の対象中学校が主体ということになるのですが・・・・・この入試期間の長さが、関西圏などの中学入試と違う長所と短所を生み出します。


 つまり小学生にとっては、おそらく人生で初めての受験という緊張感の中で実力を発揮するために、早い時期に本番の入試を体験することが模試と違った意味を持つため・・・・・通えない地域にある私立中学を受験するという「お試し入試」が存在するわけです。


 女子難関中受験生にとっては、その最たる入試が、1月14日に行われる浦和明の星女子中学校の入試でしょう。



 ところが、エクセレントゼミナールのある柏市という地域は、茨城・埼玉・千葉・東京の私立中を実質的に受験できるため、生徒たちは1ヶ月に及ぶ長い受験期間の連戦が必要になります。そのため、長丁場の受験を乗り切る体調管理を踏まえた受験スケジュールを考え、合否パターンと合格可能性をしっかりと把握し、結果が出たときの生徒や父母のメンタリティにも留意した併願パターンを組む必要があるわけです。


 東京校の出願は1月10日以降に変更になりましたが、1月の結果が東京校の出願に影響を及ぼします。1月の結果を予想して、どのように2月の併願パターンに織り込むかが重要なわけです。


 柏地域の併願パターンの組み立ては、このような大変さもある代わりに、受験が長丁場で受験校が豊富であることで新型コロナウイルスに感染したり、インフルエンザなどに罹患したりした場合の受験リスクを回避できるという長所もあります。


 したがって、私がエクセレントゼミナールの生徒の併願パターンを組む際には、生徒の学力、体力、性格、志望校の出題傾向などを総合的に判断して、父母面談で細かくすり合わせながら個別に作成するわけです


 しかし併願校の組み合わせは、生徒の性格や志望校の傾向、偏差値などを考慮すると、ある程度の定型パターンにあてはめることができます



 このあたりのノウハウを、11月20日(日)10:30〜12:00で開催する父母向け無料公開セミナー、「中学受験の基礎講座 第8回 必勝の併願パターン」の資料にまとめました。詳細は、こちらをご覧ください。なお、この基礎講座にご参加いただいた受験生の方には、セミナー終了後、個別にお子様の併願パターンの組み方のアドバイス(30分程度、相談料無料!)をさせて頂きますので、お気軽にご参加・ご相談ください!!

中学入試に役立つ学習法:理科編その2

2022-10-18

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:理科編,

 前回は「植物の分類について」書きましたが、その中で、「中学入試で扱われる植物は身の周りで見ることができる植物」だと書いたのを覚えていますか。中学入試の理科や社会で扱われる内容は、基本的には身近なできごとや現象ですから、いつも身の周りでおきている事象に注意を払うことがもっとも効果的な勉強です。というわけで今日は、「季節と植物について」書いていきます。
 
 生物分野:季節と植物について
 
 春の植物
 「セリ・ナズナ、ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ、スズナ・スズシロ、これぞ(春の)七草」という覚え方がありますが、これらは1月7日に食べる七草粥の材料となる植物ですから、食草としての役割といえます。ナズナはいわゆるペンペングサゴギョウハハコグサハコベラハコベホトケノザコオニタビラコスズナというのはカブスズシロダイコンのことです。
 春の植物には、他にもサクラシロツメクサクローバーのことです)、レンゲツツジチューリップなどがありますが、植物の名前を訊かれたら、その花の形や色が思い浮かぶようにしておくことが大事ですから、参考書や植物図鑑などで花の色や形をきちんと確認しておきましょう。また、中学入試で出題される植物は、その学校に植えられている植物や近くの公園に咲いている花であることが多いですから、文化祭や学校説明会などで校内を訪れる機会があったら、どんな植物が植えられているのかをチェックしておきましょう。
 
 夏の植物
 夏の野原で花が咲く植物は、白や黄色の花をつける植物が多いことを覚えておきましょう。夏の昼間に野原で咲く花は、必要以上の日光を撥ね返すことができるように白や黄色なのかもしれませんね。バララベンダーアザミユリなどきれいな花をつける植物も多いですが、花が咲く時間帯が出題されるのは夏の植物だといえるでしょう。ちなみに、朝に花が咲くのがアサガオタンポポハスツユクサイネなど、昼に花が咲くのがスイレン夕方に花が咲くのがオシロイバナヨルガオ夜に花が咲くのがオオマツヨイグサゲッカビジンです。
 
 秋の植物
 私の主宰するエクセレントゼミナールでは、秋の七草を「ハギ・キキョウ、クズ・オミナエシ・フジバカマ、ススキ・ナデシコ、秋の七草」という短歌の形式にして覚えさせています。「秋の花は観賞用の花が多く、色とりどりの花をつける」と覚えておくと良いでしょう。秋の七草以外では、コスモス(秋桜)ヒガンバナ(彼岸花)など漢字から連想すると覚えやすい花イチョウカエデなど黄葉や紅葉する樹木クヌギコナラシイカシなどドングリをつける樹木が代表的です。あとは、イヌタデエノコログサオナモミヌスビトハギの種子などについても覚えておきましょう。
 
 冬の植物
 冬の植物は、冬越しと関連して出題されるものがほとんどです。タンポポナズナオオマツヨイグサのようにロゼットの状態で冬を越す植と、サクラモクレンコブシネコヤナギホオノキトチノキスズカケノキ冬芽(ふゆめ)についてはきちんと判別できるように確認しておきましょう。なぜならば、中学入試が行なわれるのは1月〜2月ですから、冬の植物の姿は出題されることが多いのです。
 
 というわけで、「季節と植物について」予習シリーズの理科4年上下にくわしく載っていますので、エクセレントゼミナールの生徒諸君はかならずチェックしておきましょう。それでは今日はここまでにしましょう。

中学入試に役立つ学習法:算数編その2

2022-10-11

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:算数編,

 前回は「算数と数学の違いを認識しましょう」でした。算数で扱う数字には必ず意味があるわけですが、それを把握するためには「単位の概念」は欠かせません。ところが、小学生にとって鬼門なのが単位の換算です。そこで「単位の換算」をするための基本概念をまとめておきます。
 
 算数の基礎力を上げる方法
 
 ②「単位の概念」を認識しましょう
 
 世の中にはたくさんの単位があります。もともと単位というのは、身近にあるものの大きさや量を相手に伝えるためのものですから、国や地域によってバラバラに決められていました。ヤードインチポンドなどは今でもよく耳にしますよね。日本でも、など様々な単位が使われていたわけです。

 ところが、これだと非常に具合が悪いわけです。地域ごとに単位が異なったり、勝手に単位の大きさを変えられたりすると、大きな誤解を生むことになります。

 
 単位にまつわるおもしろいエピソードをひとつ挙げておきましょう。今日では「一升(しょう)」1.8リットルを表すことになっていますが、これは江戸時代に定着しました。「升(ます)」というのはもともと米を測るものであり、年貢米つまり税金(だから税という漢字は禾(のぎへん)でできています)を取り立てるための器でした。ところが、より多くの税収が欲しかった江戸幕府は、それまで用いていた升の大きさを5寸×5寸×2.5寸から、4.9寸×4.9寸×2.7寸に変更しました。つまり、たてと横の長さが減って深さが増えただけだから前と同じだろう、と言いたいわけですが、実は容積は3.7%も増えています「無知な民衆だまし」の一策ですが、セコイ話ですよね。

 よりくわしい単位の話については、岩波ジュニア新書「新版 単位の小事典」に載っていますので、興味のある方はご一読ください。なおエクセレントゼミナールの生徒諸君は、貸し出し用図書の棚にありますから読んでおくと良いでしょう。
 

 話がそれましたが、こういった様々な単位を統一して、もっと合理的でわかりやすい単位にしようという試みが、「メートル法」です。アメリカなどの国では、依然としてヤードやインチなどが日常的に使われていて、「メートル法」が一般的ではないようですが、日本では江戸時代に鎖国をしており、明治時代の文明開化によって急に西洋文化が輸入されたことで、合理的な「メートル法」がすんなりと定着しました。したがって、世界的に統一されてきた単位制度である「メートル法」とそれをさらに進めた「国際単位系(SI)」は、日本では当たり前に使われていますよね。ですから、「メートル法」の単位換算がきちんとできるようになることは、すご〜く大事なことなのです。

塾対象説明会レポート:獨協埼玉中学校

2022-10-07

カテゴリー:塾対象説明会レポート2022,

 獨協埼玉中学・高等学校は、1980年に開校した埼玉県越谷市にある中高一貫校です。8haもの広大な敷地に様々な運動施設が用意されており、進学だけでなく部活動にも力を入れている学校です。およそ90%以上の生徒が部活動に取り組んでおり、また稲作体験やサマーキャンプなど学校行事も充実しています。


獨協埼玉中学校の正門です。

 特徴の一つとして、中学1年次からのコース制を採用していないことが挙げられます。郊外の私立中高一貫校には、入学次からレベル別、あるいは進路別のコース制を採用している学校が多くあります。その中であえてコース制を設けていないのは、明確な意図と教育方針によるものでしょう。例年の説明会でそのような言及がありますから、しばらくはコース制を採用しないものと思われます。

 獨協埼玉中・高獨協大学の系列校ですので、様々な推薦制度を利用して系列の大学(獨協大学・獨協医科大学・姫路獨協大学)へ進学することができます。しかし利用する推薦制度によって進学できる学部が異なるため、推薦制度を利用する際は注意しましょう。

① 獨協コース(高3次のクラス編成で獨協コースを選択し、所属する)
→ 外国語学部(フランス語・ドイツ語)・国際教養学部・経済学部・法学部
② 単願推薦
→ 外国語学部(英語・交流文化)
③ 併願推薦
→ 外国語学部(英語・ドイツ語・交流文化)・国際教養学部・経済学部
④ 獨協医科大学への推薦
→ 医学部・看護学部・看護専門学校
⑤ 姫路獨協大学
→ 外国語学部・法学部・経済情報学部・医療保健学部・薬学部


 ①〜③は獨協大学、④は獨協医科大学、⑤は姫路獨協大学への推薦制度です。
注目は③でしょうか。併願推薦の資格が得られれば、獨協大学を留保したうえで他大学をチャレンジ受験できますもちろん、推薦を受けるには学校の成績や英検などが要件となりますが、獨協埼玉中・高に入学するのであれば念頭に入れておきたいですね。


 さて、2022年度中学入試受験者平均点合格最低点実質倍率は以下のようになります。
すべての入試回で国語100点・数学100点・理科70点・社会70点満点となります。

〇第1回
国語 男子:53.1点 女子:57.4点
算数 男子:56.4点 女子:49.7点
理科 男子:34.2点 女子:31.5点
社会 男子:40.8点 女子:38.5点
合格最低点 男子:169点 女子:150点
実質倍率 男子:1.5倍 女子1.3倍

〇第2回 
国語 男子:55.3点 女子:56.8点
算数 男子:43.5点 女子:38.1点
理科 男子:38.7点 女子:35.7点
社会 男子:36.0点 女子:31.9点
合格最低点 男子:180点 女子:162点
実質倍率 男子:2.3倍 女子2.0倍

〇第3回
国語 男子:62.5点 女子:67.7点
算数 男子:65.0点 女子:63.3点
理科 男子:33.7点 女子:31.0点
社会 男子:38.7点 女子:35.6点
合格最低点 男子:219点 女子:201点
(第3回入試は事前に複数回出願し、出願した入試を受験した受験生に20点が加点されます)
実質倍率 男子:2.0倍 女子1.6倍


2023年度入試は、以下の募集となります。
第1回:1/11(水) 男女各50名
第2回:1/12(木) 男女各20名
第3回:1/17(火) 男女各10名


説明会会場の食堂の様子です。

2022年度大学入試合格者数
〜国公立大〜
大阪大1名、名古屋大1名、筑波大2名、埼玉県立大2名 等、計11名
〜私立大〜
早稲田大2名、慶応大5名、上智大9名、東京理科大11名、明治大29名、青山学院大24名、立教大33名、中央大28名、法政大42名 等
となりました。

 最後に、学校説明会等の詳細は、 こちら   まで。

 以上です。今回の塾対象説明会レポートが参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!

中学入試に役立つ学習法:国語編その2

2022-10-04

カテゴリー:中学入試に役立つ学習法:国語編,

 国語の基礎力を上げる方法
 
 ②「読解」ではを使え!
 
 国語作品の「鑑賞」と「読解」は全く異なるものです。物語の作者や随筆の筆者は、その作品を「鑑賞」して欲しいわけで、国語の「読解」力を上げる教材として作品を書いたわけではありませんから、その作品を「読解」に使われるのは不本意なのでしょう。そのため、最近は著作権保護の目的で、多くの国語の入試問題について、入試問題集に作品の本文を掲載できない場合があるわけです。

 では、「読解」とは何でしょう。英語の文章を読解するときには、本文の大意をつかんだ後で、設問になっている下線部の前後だけに注目しますよね。そして、答えとなる部分は、必ず本文のどこかに存在すから、どこにあったのかを目で探します。つまり、国語の「読解」で問われている箇所は、必ずと言っていいほど問題の本文中に存在し、設問の指示にしたがって、それを探せということなのです。ですから国語の読解では、「頭」を使わず、「目」を使う必要があるわけです。

 じゃあ、実際にはどこに注目すれば良いのでしょう。国語の問題を大別すると、物語文、論説文、随筆、詩・短歌・俳句の4分野に分けられます。それぞれの分野について、少しずつ読解法が異なりますので、まず物語文について書いていきます。

 
 物語文の注目箇所
 
 ①場面の転換に気をつけよう : 時間の経過や新たな登場人物の出現などによって場面が変化するときには、その意味を考えましょう。
 
 ②心情を描写している表現に気をつけよう : 「眉をひそめた」というような直接表現と「いつもより空が暗く見えた」などの間接表現によって、登場人物の心理描写が描かれている箇所に気をつけましょう。
 
 ③主題を意識して読もう : 作者が登場人物たちを通して言いたかったこと(主題)は何なのか、に注意しましょう。入試問題の作成者は、作品のその部分に感動したから、その箇所を設問に使っているのです。したがって作品の主題は、登場人物の台詞やこころの動きを通して、何度も繰り返し主張されています。
 
 ④主人公の心の動きに気をつけよう : 主人公の心の動きは、表情・動作・態度・言動の変化にあらわれます。これらに注意することで、主題が読み取りやすくなります。

塾対象説明会レポート:開智中学校

2022-09-30

カテゴリー:塾対象説明会レポート2022,

 開智中学・高等学校(中高一貫部)は、1997年に開設された 埼玉県さいたま市岩槻区にある中高一貫校です。 開設から12年間は一貫クラスのみのクラス編成でしたが、13年目に一貫クラスの他に先端クラスを作り、一昨年25年目を迎え、先端クラスのみのクラス編成となりました。先端クラスのみのクラス編成に変更するにあたり、4つのコースを設けました。

4つのコース
先端ITコース
 東大、京大、東工大、一橋、早稲田、慶應などの目標の大学が決まっている人のコース。
先端MDコース
 医師、薬剤師、獣医師を目指す人のコース。
先端FDコース
 将来何をしたいか、どんな大学に行きたいか、いろいろな情報や考え方に触れることでこれから探したい、見つけたい人のコース。
先端GBコース
 グローバルな仕事、未来の仕事、AIやロボット、新しい社会で挑戦する人向きのコース。

 上記4つのコースは生徒本人が決めることができ、中学2年次までのコースとなります。中学3年次に再度コースの変更が可能で、どのコースも選ぶことができますが、コース内のクラス編成は学力別にクラス分けされます。そして高校2年次からは、国公立理系や私立文系など志望大学別の6コースに再編成されます。


 開智中・高の特徴的な制度として『外部進学制度』があります。
 一般的に中高一貫校では、外部の高校を受験した場合は併設の高校への進学が認められません。そのため外部受験は「賭け」となる面があるのですが、開智中・高は開成高校や筑波大学附属高校などの指定された高校を受験する場合のみ、結果が不合格でも併設の高校への入学が認められます。外部受験のリスクを低減させ、生徒のチャレンジを後押しするこの制度は、開智中の生徒にとって嬉しい制度ではないでしょうか。


 2021年度中学入試で算数(120点満点)の平均点が低かったことにより、2022年度は算数が易化すると予告されていました。

先端1 77.7点(41.4点)
先端特待 56.0点(46.1点)
先端A 62.1点(30.3点)
算数特待 53.4点(35.8点)
先端2 84.0点(60.0点)
( )は2021年度の平均点。

結果は上記となり、どの回においても平均点が大きく上がりました。
なお、2022年度入試の各科目平均点と合格最低点は以下となります。

〇先端1(特待合格者がS特待のみの入試)
国 64.5点、算 77.7点
理 42.4点、社 42.4点
合格最低点・・・214点
実質倍率1.55倍

〇先端特待(合格者全員がS特待の入試)
国 55.4点、算 56.0点
理 46.9点、社 29.5点
合格最低点・・・208点
実質倍率・・・3.00倍

〇先端A(特待合格者が多く出る入試)
国 61.5点、算 62.1点
理 34.0点、社 31.7点
合格最低点・・・189点
実質倍率・・・1.88倍

〇算数特待(合格者全員がいずれかの特待の一教科入試)
算 53.4点
合格最低点・・・64.0点
実質倍率・・・3.52倍

〇先端2(下記参照)
国 57.0点、算 84.0点
理 44.8点、社 42.2点
合格最低点・・・247点
実質倍率・・・2.38倍

先端2入試について
◆ 先端2入試のみの受験の場合は、先端2入試の得点のみで合判定する。
◆ 他の入試回も受験された場合は、そのうちで一番良いとみなすことのできる成績を参考にして合否判定を行う。
◆ 先端1と先端2を両方受験した場合、先端2の得点に30点を加算する。
◆ 先端2は、出願時に希望すると開智未来中学校、開智望中等教育学校の合否判定を同時にする。申込には追加受験料は必要なし。
という点が特徴の入試です。
開智中・高の志望度が高い受験生は是非受験しましょう。

国語100点、算数120点、理科60点、社会60点の配点や算数特待の存在から、やや算数を重視している入試と言えます。そのためか、合格者はすべての入試回において女子よりも男子の方が顕著に多いです(男子合格者数は女子合格者数の1.73倍)。
開智中学・高校への入学を希望する受験生は、算数の勉強を怠らないようにしましょう。


2023年度入試は、2022年度同様に先端クラス280名の募集となります。
入試日も同様で、
1/10(火)午前・・・先端1
1/11(水)午前・・・先端特待
1/12(木)午前・・・先端A
1/12(木)午後・・・算数特待
1/15(日)午前・・・先端2
となります。


2022年度大学入試の合格者数(卒業生数348名)
〇国公立大
東京大6名(3名)、京都大1名(1名)、一橋大1名(0名)、東工大10名(0名)、北海道大3名(1名)、東北大2名(0名)、大阪大1名(0名)
〇私立大
早稲田大54名(4名)、慶應義塾大36名(1名)、上智大31名(1名)、東京理科大105名(9名)、明治大89名(8名)、青山学院大23名(2名)、立教大39名(4名)、中央大45名(10名)、法政大56名(10名)、学習院大18名(3名)
等となりました。
( )は既卒生の内数です。


説明会会場の大宮ソニックシティです。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の開智中学校の累計合格実績は85%(13名受験11名合格)です。

 最後に、学校説明会等の詳細は、 こちら   まで。

 以上です。今回の塾対象説明会レポートが参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!
ブログランキング
FC2
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキング
カテゴリーページ
塾対象説明会レポート2023
塾対象説明会レポート2022
塾対象説明会レポート2021
塾対象説明会レポート2020
塾対象説明会レポート2019
塾対象説明会レポート2018
塾対象説明会レポート2017
中学入試 入試風景2024
中学入試 合格発表風景2024
中学入試 激励風景2022
中学入試 激励風景2021
中学入試 激励風景2020
中学入試 激励風景2019
中学入試 激励風景2018
重大ニュース2023
重大ニュース2022
重大ニュース2021
重大ニュース2020
重大ニュース2019
重大ニュース2018
重大ニュース2017
小6の本棚
正しい模試の活用法
入試に良く出る略語の覚え方
自己紹介その他お知らせ
中学入試に役立つ学習法:国語編
中学入試に役立つ学習法:算数編
中学入試に役立つ学習法:理科編
中学入試に役立つ学習法:社会編
中学受験の歩き方

Page top